失敗しないフィットネスバイクの選び方

フィットネスクラブや自宅で気軽に運動できることで根強い人気のあるフィットネスバイクは各種メーカーから様々な機能を搭載されたモデルが販売されていrので、購入するさいに迷ってしまう方も多いと思います。まずバイクはエアロバイクとスピンバイクの2種類にわけることができます。エアロバイクはコンパクトサイズで値段も安く買いやすいけれど連続稼働時間が短いのがデメリットです。スピンバイクは本格的なバイクで重量も重く漕ぎやすさや乗り心地はよいので長時間運動には向いていますが、初期投資の値段も高く場所もとってしまうのは難点です。自宅で手軽に運動不足解消したい方にはエアロバイク、自宅でも本格的にフィットネスしたい方にはスピンバイクがおすすめです。
雨の日や寒い真冬の悪天候にも左右されず、マンション内でも騒音や振動を比較的気にせず自宅で有酸素運動ができるし、場所もとりにくく老若男女問わず利用できるフィットネスバイクを自分の運動リズムに合わせて選んでみてください。

初めてのフィットネスバイク購入にありがちな失敗とその対策

フィットネスバイクを選ぶ際は、大きさをよく調べてからにしましょう。
思っていたより大きかった、しまうところがなくて困っているなどの失敗は、初めての購入にありがちなパターンです。
調べるときにはフィットネスバイクのサイズだけでなく、置くスペースもきっちり測っておくのが大事。
あまりにキツキツだとトレーニングしづらくなりますから、必ず数センチの余裕は持たせてください。
また年中出したままにしたくない場合には、折りたたみ式を選ぶという選択肢もありますよ。
それから負荷段数や設定可能な速度もよくチェックしておくこと。
フィットネスバイクで本格的なトレーニングに励みたい人には、軽すぎる負荷では物足りなく感じるでしょう。
反対に高齢者や運動不足の方がいきなり重い負荷で始めてしまうと、足を痛めてしまう可能性もあります。
どのような目的で誰が利用するのか考えた上で、必要な負荷段数や速度を決めるといいです。
家族や友人など複数で使用する場合には、負荷段数が32段階以上と幅広いものを選ぶのがおすすめです。

無理なく駆動できるもの

エアロバイクは目的を決めることが大事ですが、なんとなくエアロバイク買う人はいないでしょうが、その目的合わせ形状、負荷方式を選らんで、自分に合うサイズを選びましょう。最後属する機能を選び失敗がすくなくなります。つい機能優先しがちですが、実際初めに目的合わせなくてはならないのは形状です。そして、経常種類すくない物のはっきり違いあります。そして、負荷形式も大事で、これによって運動強度が全く変わります。形状で搭載される負荷方式は大体決まりますが、選択肢あるのは価格も変わってきて、予算と兼ね合いも出てきます。後は自分に会うサイズ選び、無理なく駆動することができます。機能面は脈拍センサーなどいろんなものありますが、最悪なくてもほかで補っていく方法があり、こちらの選択優先度低いですそしてアップライトタイプは見た目、乗ってる感じが自転車に一番近くて、一般に普及してる身近なエアロバイクです。これは普通に自転車サドルにまたがて、上半身起こした状況で運転します